« オランダ・チャンピオンシップ、日程変更 | トップページ | オランダ・チャンピオンシップ、クリップもカヴァー »

2018年7月27日 (金)

アパッチ号、キャリア発覚

 1回目のテストでノン・キャリアだと発表された後、産駒に次々とキャリアが見つかって、再検査を受けていたアパッチ号が、その結果、実はWFFSキャリアであることが裏付けられました。

 記事によると、アパッチの一度目の検査には血液サンプル(大多数の馬は毛髪サンプルだったけど)が用いられたが、今回は毛髪サンプルで検査が行われ、そして前回とは異なる結果が出たということ。前回の血液サンプルは、他の被験馬との取り違えがあったみたいにも読めるけど、検査の時にヒューマン・エラーが生じたとも書いてある。何にしろ、この時同じように血液サンプルで検査を受けた馬たちも、再検査を受けて、以前と同じ結果を得たとのこと。
 誤診断を出した研究所は大いに遺憾の意を表し、この誤診断から再検査の結果発表までの間にアパッチと交配を行ったブリーダーに対し、来春産まれた仔馬の無料WFFS診断を提供する、と言っている。
 それにしても、アパッチと言えば、オランダ1と言ってよいほどの人気スタリオンで、しかも一度はノンキャリアと言われていただけに、関係者の落胆は察するに余りあるな…

|

« オランダ・チャンピオンシップ、日程変更 | トップページ | オランダ・チャンピオンシップ、クリップもカヴァー »

WFFS関連」カテゴリの記事