イラスト紹介

2018年2月18日 (日)

手描きのブタの種類セット

 スキャナでライン取り込み→Inkscapeで色付けした第一作「ブタの種類セット」。

 落書きみたいだ…^^;

 でも、もっと細いペンで、もっと丁寧に下描きしてからスキャナかけたら、もう少しきれいになるかな?

 手順としては、①鉛筆でデッサンしたのち、②ありあわせのマーカーで上書きし、③鉛筆の線を消しゴムで消して④スキャナにかけ、⑤それをGIMPで高コントラストにして背景を真っ白にしてJPG出力、⑥さらにそれを縮小してファイルサイズを軽くしてから⑦Inkscapeでトレース&彩色。こう書くとすごく面倒そうだけど、意外にそうでもなく、全部インクスケープで描くより楽でもあれば時間も短くてすんだ、まあ画風にもよるだろうけど^^;

 何にしろ、しばらくは練習してみないとな…

|

2018年2月13日 (火)

ブタの前後ボーダーのセット

 来年の亥年は、日本ではイノシシ年だけど、中国ではブタ年だそうで、そこでブタ素材を製作してみました。

 調べてみて、けっこうブタの種類の多さにビックリ…ケータイのかな、ブタの種類集めゲームみたいなのがあったのにも驚き^^;

 上の素材を使った種類名つきブタ一覧のイメージもただいま審査中!

|

2018年2月 9日 (金)

立ち上がる家畜たちの前後ボーダーセット

 いちおうこれで一通り立ち上がりシリーズ終了かな…

 今回は牧羊犬を2頭に増やしてみました…茶色のはオーストラリアン・キャトルドッグのつもり、色的には黒白のほうが多いようだけど、全体的バランスであえて茶色にしてみた^^;

|

2018年1月21日 (日)

ペットの顔&背中ボーダーセット

 顔&背中ボーダーシリーズ、ペット篇。次は農場の動物で作って、それから今度は馬とかウサギとか種類別でいくつか作るつもり。

 ところで、これのモノクロの線画も上げてるんだけど、これに限らず犬や猫のもそうだったけど、なぜかアクセス数は線画の方がカラーより多い時が多い。と言って、売れるのはカラーが多いんだけど、なぜだろう…

 ちなみに、シャッターストックでは、カラーほどじゃないが線画もけっこう売れる。たぶん塗り絵の素材だろうと思ってたけど、ピンタレストを見ると、タトゥーの画題用にピンされてたりもするので、そっちの需要かも…

|

2018年1月15日 (月)

猫/犬&猫の立ち上がった笑顔の前後ボーダーのセット

 年始は審査遅かったな…一週間以上かかった。その代わりなのか、いつもは取り残されるベクター審査もJPGと同時に終わってもう発売中。

|

2017年12月28日 (木)

小型犬のボーダー、立ち上がった背中と笑顔のセット

 今度は小型犬のボーダーのセットです。年賀状には間に合わないかもだけど、年賀状のお返しとか旧正月とかなら大丈夫、かな^^;

 なお、現在はこれの猫版を作成中。それができたら、犬猫混合版も作ります!

|

2017年12月23日 (土)

犬のボーダー、笑顔と立ち上がった背中のセット

 年賀状はおしまいにして、素材製作に戻ろう…と新しいシリーズを作成中。とはいえ、犬から作るところに邪心が見える^^;

|

2017年12月16日 (土)

ストレッチ猫&掃除猫&におい猫

 新しいキャラで新境地を開拓!…てか、新しいキャラじゃない^^;

 でも、人事を猫でやってみたいとは前々から思っていたので、おいおいこの手も増やしていくつもり…

 犬とか鳥でやっても面白そうだな〜

|

2017年12月 7日 (木)

ブルドッグの素材

 ブルドッグの素材。

 最初は、先の柴犬のみたいにしようとしたのだけど、どうにも筆が進まず。そこで考えてみるに、どうもブルドッグは柴犬みたいに「かわいく」ならないタチらしい。柴犬は座っているだけで(描きようにもよるけれど)かわいらしい犬で、いくつでもバリエーションが描けるけど、ブルドッグはそうはいかない。ブルドッグはどうもポージングとか表情とかにかわいらしさや独特の味がある犬で、外見上のかわいらしさのみを追って描き続けると、すぐに壁にぶつかってしまうものらしい。少なくとも私はそうだった…

 で、厳選?した11ポーズだけを作画。ちなみに、白い部分が多い犬も白バックじゃしんどいことがわかった^^;

 フレブルやパグ(あっ、こいつも白い><)も、このデンかな〜

|

2017年11月30日 (木)

柴犬の線画

 柴犬シリーズ、これでいったん集結^^

 なんかこれ、色変えたらハスキーにもなりそうだな…

|

より以前の記事一覧