その他ストックサイト関連

2017年7月26日 (水)

透過を弾くのはShutterstockだけになった

 イラスト作画の話。
 私はInkscapeだけど、Ilastlatorとかでもあると思う、色を塗る時に他の箇所のと同じ色を使おうとして、スポイトのツールでチューと吸って持って来ること。これを使うと、以前に自分が吟味して作った色をただちに再利用できるわけで、まことに便利。ところが、狭いスペースの色を拾おうとしてたまにあるんだけど、うっかり色味と背景の境目をスポイトで吸ってしまい、気付かぬまま”半透明”の色を塗ってしまうことがある。背景のレイヤーを非表示にしてると、これが起こりがち。
 で、ストックサイトに画像を提出する時は、この”透過”を使ってはならないのがオキテ(とはいえ、どう見ても使ってるベクターもあるけど….aiならいいとか?)もし使ってると、BitMapがどうとかRGBが何とか言われてサイトに却下される、…いや、された。
 今は、これを弾くのは、どうやらシャッターストックだけみたい。昔はdreamstimeやiStock(現ESP)も厳しく弾いてきたものだけど、今は普通に通してしまう。
 しかし、これって、不安だと思う…少し前、PIXTAではベクターがなかったからとわざわざFotoliaで私の画像を買い直してくれたお客さんがメールして教えてくれたんだけど、「画像に一部ベクターじゃない部分があった」と。その画像は、まさにシャッターで”透過”で弾かれたヤツ。それまでは、「弾かないサイトは修正してから売りに出してるのかな」なんぞと甘い考えを持っていたけれど、これで、そっくりそのまんま、現状引き渡しされていることがわかった…
 もし、顧客がお金を払って買った画像に問題点があるとわかったら(上のお客さんは、自分で修正したとおっしゃったが)、それを売ったサイトに不信感を持つのは当然だろうが、それを作ったイラストレーターにだって同じく不信感を持つだろう。買った画像は返品すれば済むが、もうこのイラストレーターからは買うまいとなったら、こちらには大痛手である。
 困ったのは、この「透過」を弾く唯一のサイトのシャッターが、ある意味信用できないこと^^;このシャッター、時々ありもしない理由で作品を落としてくる…アートボードに入らないとか、AIと互換になってないとか、サイズが大きすぎる/小さすぎるとか。で、落とされたやつを次の日また提出したら、即座に合格、なんてことも往々にしてある。実は、2日前シャッターに「透過」で落とされたのだけど、上のような次第で信用できなかったので、もう一度提出して、同じ理由でまた落とされたので、やっとファイルを点検して「透過」部分を発見したのだった^^;
 しかし、これで、他のサイトのすでに合格済みのイラストを差し替えなきゃならなくなった…うーん、これからは、提出前に自己点検をいっそう念入りにしなきゃならないな〜

|

2017年7月12日 (水)

ESP(getty)のTIN要求メッセージについて

 iStock時代は何事もなかったのに、今年1月からESPに移行してより、売り上げの30%が問答無用で税金として天引きされるようになってしまいました…そりゃ、売り上げはiStock時代の2倍以上(ここらも考えれば不可解…何故そんな上がった?)になったけど、全体の3割というのは、何としても豊かならぬ人間にはイタい。

 念のためタックス・インタビューを受け直したら、しばらくして「TIN」を入力し直すようにとのメールがgettyより到来。

 このTINなるものは、米国の納税者番号。当然、日本人には縁もゆかりもないもの。TINもしくはforeign TINを提出せよーとメールにあったものの、日本にはTINに相当する番号のようなものもない。要するに、税務書類を提出する時に必ず書き込むような「自分の番号」は全然存在しない。マイナンバーはあるものの、それは税務面において特化された番号では決してない…

 ここで税務面に関する国際条約みたいなものにふれると、アメリカで収入を得た外国人は、その3割ていどをアメリカに源泉徴収されるのだけれど、租税条約だか何だかを締結している国間ではそれが免除されるという。日本もその締結国のひとつ。ーつまり、アメリカで得た収入はそっくりいただいて、日本であらためて確定申告等で税金を日本におさめれば可ということで。

 事実、シャッターストックはじめその他のストックサイトでは、TINなしでも3割の源泉徴収はみな免れている…規定の税務書類を電子提出するだけで。iStockでもそうだった。TINに固執して3割天引きを敢行してきたのは、このESPだけ。

 どうも腑に落ちないので、iStock日本に「TINを求められてるんですがどうしたらいいでしょう?」とメールしたところ、「TINや米国税務手続きについては、米国税に関するよくあるご質問で説明されておりますので、こちらをすべてお読みくださいますようお願いいたします。」と数日後に返事が来て、それを見ると、そこに、―

「日本とスロバキアは納税者番号を発行していないので、これらの国で租税条約の恩恵を受けるには、米国のTINを申請する必要があります。」

だと。

 どうしようもないな…制度のことじゃなく、ESP(もしくはgetty)の現実に対する融通のきかなさが。

 うーん、ダメもとでマイナンバーでも入力してみようかな…

|

2017年5月 5日 (金)

Fotolia、ベクターのアップロードできず

 昨日、こしらえたベクターイラストをフォトリアにアップロードしようとしたら、2つが2つともエラーが出てできませんでした…

 ファイルサイズのまちがいで出来なかったことはあるけれど、今回のは「このEPSファイルの規格は受け付けてない」みたいなエラーメッセージが出てハネられました。とはいえ、それまでとまったく同じ規格で提出したのだから、意味が通らない。同じファイルが123RFとESP(iStock)ではもう合格してるし、ファイルの不備は考えられない。

 いよいよアドビ(2年前くらいにフォトリアを買収)がイラストレータ以外のファイルを排斥しだしたか…って、そんな自社にとって儲けにならないことするわけないし^^;フォーラムをのぞいたところ、大々的ではないけれど、5月初頭から画像をアップ出来なくなった人もいるみたい、フォトリア関係者の返信では「一時的な現象」だと。だいたい画像や動画がアップできない現象は、通年慢性的にあるようで、今回これがたまたま私に回ってきたというだけ?

 今朝もう一度アップしてみたけど、結果は同じでした…とりあえず、問題の画像をイラレでセーブし直して、また試してみるつもり(追記:インクスケープSVG→イラレCS2で読み込み→サイズ調整して.aiでセーブ→フォトリアにアップ、で成功!)。

(更に追記:今日5/18新作を元来通りアップしてみたら、何事もなく成功。一時的な現象だったのかな…)

 問題の画像↓

678371544

 森の動物シリーズの一。もっとポーズをとったりして可愛く描いたほうがいいと思うけど、描き慣れてないテーマなもので、まずは慣れてるスタイルから着手^^;

保存

保存

保存

|

2017年3月10日 (金)

また123RFのカヴァーに!

 今日から123RFのカヴァーフォトが春物に変わり、これで私のカヴァーイラストともお別れだ〜と寂しく思っていたところ、何とまたカヴァーに採用してくれました!

Screenshot_20170310_155508_2

 イースター向けに描いたウサギさん。今年のイースターは4月16日(イースターは毎年日にちが違う) だから、それまではあるかな^^;

 うーん、でもこうして見ると、ウサギの口や腕のライン、もっと太く描いたほうがよかったな〜

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

ESP提出後

 2日前に提出したEPSへのイラスト、今日覗いてみると無事合格していました!

 システムが変わったから審査も変わったかなとちょっと案じていましたが、まあ一応これで安心…

 アイストックの時は通知メールが来てたんだけど、今回は来なかった。でも、2日で審査が上がったんだから、スピードは以前通り相当なもの。なお、結果はESPのアップロードページ下部の、提出ずみのファイルの審査状況から見られるんだけど、そのページに「キーワードのヒント」みたいな吹き出しメッセージ?みたいなのが出てて、いろいろ教えてくれてました(動物の時はKittyとかPuppyとかもタグにつけよう、みたいな)、こういうのは日本人には助かるなあ^^

 まだポートフォリオじゃこれらのアップしたばかりの画像しか見られない―アイストックでのぶんはまだ引き継がれていない―し、システムの移行に予想より時間がかかってる印象だけど、アップロードはどんどん受け付けていく姿勢のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

ESPアップロードについて

 さて、昨日うまくいかなかったESPでのアップロード、今日はうまくいきました!

 最初からstart guideを見ればよかったんだよ…(ESPページの左下)

イラスト用ガイドはこれhttps://contributors.gettyimages.com/article.aspx?article_id=5209

*最初に注意!

 ESPじゃ、同時にアップするファイルたちは、自動的にひとつのグループにまとめられるようです。グループ単位じゃないと、審査にも出せない由(グループ内にタグ付けできてないのが一枚でもあれば、他のも全部提出できない)。そして、グループのメンツたちは、同テーマ・バリエーション違いだけじゃないと、まずいみたい。ルールなのか、「できれば」程度なのかはわからないけど、お互い無関係なイラストや写真は、別々にアップしたほうがよさそう。そのほうがタグ付けもラクだし(複数まとめてのタグ付けができるようになったので)。

 ま、たいがいのコントリビュータなら、最初からそういうアップロードをしてると思うけど…^^;

 で、手順は、英語で行きますと(日本語設定でいくと、あとでタグ付けが面倒になります)、

①ESPランディングページの左上「My Content」→「Upload&review content」へ(Overviewタブページへ飛ぶ)

②最上部最左のプルダウンメニューで提出するファイルの種類を選択して(写真ならimage、イラストならillustrationとか)、同じ列最右の緑ボタン「New submission」をポチッと(真ん中の枠はグループ名をつけるとこなので、つけなければ飛ばして可。Submission Batchタブページへ飛ぶ)。

③何だかそっけない四角✕3のメニューが出てくるので、まず左のUpload Filesのプルダウンから国を選択(選択しなくても可みたいだけど、アップロード速度が早くなるみたい、かも)。次に真ん中の+マークのある枠にファイルをドラッグするか、クリック&ブラウズで選択。

 イラストは、Ctrlキーでjpg,epsまとめてアップしました。昨日はepsだけハネられたのだけど、今日はなぜか問題なくOK。まだシステムが不安定なのかもね…

 従来のアイストックと違って、ここで一気に複数アップロードができます!

④アップロードできたら、画面中央下にサムネが出ます。で、ここで、サムネをひとつずつクリックしてタグ付けもできるけど、いくつかまとめていっぺんにやることもできます!Ctrl(だったかな^^;)で選択すればOK!メニューから全選択もできたはず。

 タグ付け画面は、ページの右横、サムネの出る右脇に細々と現れるので、見落とさないように^^;まずファイルの作成年月日を記入(02/12/2017とか。自動入力のはずだけど、できなかった…)それから、従来通り、タイトルと説明(ここ、タイトルと同一じゃダメになったみたい。何か書き足しましょう)を入力し、タグ付けへ。タグは、これも従来通り、”,”で区切って作っといたのをコピペできます。コピペ後、タグを囲む枠が線になったのはそのままOKだけど、点線なのは不十分という意味なので、下からさらに詳しいタグを選択してやらないといけません。ここらが、前のアイストックと同じ。だから、日本語でやると、面倒なことになるんですよ(もっとも、いずれチャンとしたのもできそうだけど)。

 しかし、これアイストックの時より面倒になったかも…「dogs」「mice」とか複数形にしたやつ、全部単数形に直された!そのくせ、「pet」は「pets」に直されたし。早く改良してね〜

 タグ付けがすんだら、ファイルがカラーかモノクロかを選択して、おしまい。

 しかし、他にアップしたやつも全部タグづけしないと、ひとつだけ提出ってのはできないようだから注意!ESPじゃ、ファイルはみんな団体行動…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

iStockの異変について

 先月なかばから当月(12月)の売り上げが表示されなくなり、その後、今までの売り上げのいっさいが表示されなくなり、自分の口座(balance)の表示さえ消失したiStock。現在コントリビュータに見えるのは、いつ、何枚アイストックのサイトで売れたか、という棒グラフだけ(クレジット販売だけ、定額は除く)。これはどうなっとるんじゃ?

 サポートに質問しようとしかけたのですが、同じ問題を論じているコントリビュータのフォーラムがネットで見つかったので(英語圏)、それを要約してみると、

1.売り上げはDeepMetaを使えば見える(ディープメタはアイストック専用のアップローダー)

2.2月1日に新装iStockになる(もしくはどこかと統合される?)ので、待つしかない

みたいな感じかな?

 サポートに連絡した人によると、「一時的(temporary)な現象」と説明された由。

 それから、このフォーラムでは「11,12月の売り上げが急に上がった」という人が数人いましたが、これは私もまったく同じ。共通した現象のようで、アイストックのシステム改変の大きさがうかがえるような…

 もちろん、フォーラムでは、アイストックはケチョンケチョンにけなされてました^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

iStockから連絡

 今日夕方電話があるも、見ると知らない電話番号だったので、取らずに眺めていると留守電に切り替わる。が、メッセージを残さずに切れる…どこからだろう?03で始まってたから東京?調べてみよう…とネットを立ち上げ、まずメールを反射的にチェックすると、おやまあiStock日本からのメール?私、何をやらかしたんだっけ?

 目を通してみると、先ほどの電話の主がこの当のアイストック。で、PIXTAの私のアカウント名を見て、iStockの同名人物らしいと気付き、「追加アップロード」ができないかと聞いてきた次第。…と言ってもこれだけじゃよくわからないけど、思うに、アイストックの私の登録枚数よりピクスタのそれのほうが400枚以上多いので、そのぶんをアイストックにも登録してほしい、ということだろうと解釈。

 そこでお返事メール…400枚多いと言っても、ピクスタだけに登録したのがそれだけあるんじゃなくて、アイストックにも同じくらいアップロードしたんだけどそちらじゃボツにされたんですよと^^;

 いや、アイストックを恨んでるわけじゃなく、むしろその選択眼を尊敬しているんです。天下のgetty傘下だし。それに、サイトによってボツレベルが違うのはむしろ当たり前のことだし。

 アイストックからまだ返信はないけれど、それにしても、アイストック日本の営業熱心には驚いた。国内市場に力を入れるとメールにあったように思うけど、そうか、国内のストック市場もかなりきびしいものがあるんだな…最近じゃ個人のネットショップでじかに自作のイラストを販売・配信するのも簡単になってるし、そのほうが描き手としては手取りがはるかに多くて魅力的だもんね…もっとも、宣伝面では企業に太刀打ちできないけど。

 今後、ストックサイトやコントリビュータのあり方も、いろいろ変わっていくんじゃないかな…

 そうそう、メールによると、アイストックでは5000枚以上作品を持ってるコントリビュータには、ただいま無料アップロード代行サービスをやってるそうです。いっぱい作品を抱えているコントリビュータの方は、ぜひどうぞ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

dreamstimeからSR-ELの販売リクエスト

 今日、dreamstimeから初めて見るメールが届きました。内容は「あなたのイメージファイルを買いたいというお客様がいるからSR-ELで販売しない?」みたいなものでした。
 SR-ELとは、そのファイルに対する独占販売のライセンスを買い取りたい、というものらしい。著作権がどうなるかはよくわからないけど(いや、ちゃんとドリームスの説明を読めばわかるのだろうが^^;)。そもそも画像をアップロードするページで、このSR-ELで売るかどうかのセッティングはできるようになっているし、私はいつもチェックを外しているのだけど、こんなふうにわざわざ販売のリクエストが来ることもあるらしい。
 こんな時に他の人はどうしてるんだろう、と調べてみると、「800〜1000ドルで売った」という人もいて、思わずその場に座り直してしまいました^^;売り値についてはデフォルトで250ドル(こっちの取り分は125ドル)となってるんだけど、自分自身で売り値をつけることもできるのです。上の人は「よく売れてるのは5,6千ドルで、売れてないのは800〜1000ドルで売ることにしてるけど、まだ下の価格帯でしか売ったことがない」そうです。
 こんな高値で売りつけるのにはもちろんワケがあります。いちどSR-ELで売ってしまうと、他のストックサイトで売っている同作品、および類似作品を削除しないといけないのです。これからは購買者だけの独占販売(イメージを用いたデザイン商品とかの)となるわけですからね…規約には「72時間以内に削除すべし」となっています。もっとも、サイトによっては削除申請しても反映されるまでに時間がかかるところもあるし、パートナーサイトで売っている場合はもっと時間がかかるだろうし、そこらはどうもアイマイですが^^;
 で、私の場合ですが、1000ドル(10万円!)には心が激しく揺さぶられたものの今回は見送りました。その理由は①類似画像が相当ある画像だった。該当するファイルを売ったら、他にあと3枚は削除しなきゃいけない。その中にはシャッターストックで相当売れてる奴も含まれてる…②この画像は7つものサイトに登録してあるから、削除して回る(類似画像も)のはかなり大変。たった7つ、という見方もあるだろうけど^^;③この画像に1000ドルの値をつけるのは正直気恥ずかしい。これが最大の要因。

 ちなみに、こんな画像↓

 あー、でも、「価格で折り合わない」場合もあるらしいから、ダメ元で1000ドルつけてみればよかったような気もしてきた^^;

 ちなみに、ピクスタではまだ売れたことなし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

いつの間にか上がりそう

 いつの間にかfotoliaフォトリアのコントリビュータランクに「定期購入は一点買いの四分の一にカウント」の規制がなくなっていて、次のシルバーランクまであとわずか9点になっていました!
 嬉しいことはもちろんすごく嬉しいけど、「もう少しであの売れっ子コントリビュータさんと同じランクに!」とか思っていたのが、いきなりエメラルドランクなんかに突き放されたので、いささか恨めしい気持ちも^^;
 そうそう、これでランクアップする人がどっと増えたろうけど、そのぶんフォトリアの彼らへの支払額もランクアップしたろうに、大丈夫なのかな?ひょっとして、支払額のほうは、かえって上昇幅が低くされたりしてるとか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧