その他

2018年6月 3日 (日)

カルメン3様

 バレエといえばおしとやかなイメージだけど、中にはバレエと言うよりダンスと言いたいようなものもけっこうあります。たとえばカルメンとか。

 カルメンと言えば、情熱的なラテンの女のイメージだけど、バレエのカルメンもまさにそんな感じのコスチューム、振り付けで踊ります、人によって違いはあるけれど。

 私の一番のお気に入りは、ユリアナ・ロパトキナ。なお、バックの曲名はアラゴネーズ。

 色っぽいです。バラをくわえてほしいくらい^^

 肢体の動かし方が絶妙で、ポーズが非常にかっこいい。ツンとした表情―ニッコリする時もあるけど―もいいし、音楽にもよく合っている。黒いコスチュームもセクシー。
 私はこの人の踊りをカルメンから見たので、後で白鳥の湖を踊ってるのを見た時非常なギャップを感じました^^;でも、この人の黒鳥の踊りも素晴らしい。

 ナタリア・オシポワのも好きです。

 こちらはエネルギッシュで情熱的。キレと力強さが只ならない。走りだす時なんか、このままジャンプしてムーンサルトが出るかと思うほど^^;どこかでこの人はかつて器械体操を目指したことがあると読んだけど、いかにもそんな感じ。激しく踊っていたかと思うと、突然歩き出したりして、メリハリにもハッとさせられます。最後のほう、背を向けて舞台の奥に向かって歩いて行く時の、ヒップに当てた両手がセクシー。

 ユーチューブで一番人気のカルメンはディアナ・ヴィシニョーワみたいだけど、

 最も美人だと思うし、最もセクシーに見えるけど、踊るとこれが意外に色気が感じられない。もっとも、カメラワークによるもの―真上からや背後からでは踊りがよく見えない―や振り付けの違い(先の二人と異なり前半のセクシーポーズがない)によるものが大きいとは思うけど、何だかピンと来ない。キレとか、呼吸とか、メリハリの問題なのかな…にこやか過ぎるのもちょっと。
 あ、でもこの人の動画では、バックダンサー?の男性陣の動きがハッキリ見られます。単純な、数えるほどの動きだけど、一斉に同じ動きをするのでとても印象的。

 バレエでは最も有名なスヴェトラーナ・ザハロワのも見たけど、こちらもセクシーポーズなしの振り付けで、ヴィシニョーワ以上にサッパリしていて、何だかお茶漬けのようでした。というか、カルメン自体ザハロワ向きの役じゃないと思うな〜

 カルメンは、やはり情熱や熟女の色気が感じられるのでないと^^;

|

2018年5月22日 (火)

黒鳥の舞

 一度聞くと頭に染みつく怪しいメロディーと、怪しい舞。
 バレエ『白鳥の湖』、ジークフリート王子を白鳥オデットから引き離そうとたくらむ邪悪な黒鳥オディールの踊り。ちなみに、オディールの真後ろにいるこれまた怪しい人物が、悪魔ロットバルト、オディールのパパ^^;
 オディールのこの場面のダンス―バリエーション―は、美しく雅やかなのと、暗くて怪しいのとふたつある(音楽・振付もまったく別)そうですが、後者のほうが断然インパクトは上。特にこのモニカ・ペレゴの踊りは、力強くて、キレがあって(特に後半の羽ばたき)、私好み。最初見た時は、何だかゴツくて男みたいだ、と引いたものですが、見ていると、目的は邪悪だがほんとうに踊るのを楽しんでいて、その喜びは堂々たるまでに人も無げで、それが何とも悪魔的…何度か見ているうちにだんだん艶っぽさが感じられてくるのも不思議。
 コメントに「素晴らしい!この邪悪さ!」みたいな絶賛があるけれど、邪悪で褒められるというのも他にはなかなかないだろうな^^;
 同じバリエーションでスベトラーナ・ザハロワの踊りもたいそうよく、こちらは羽ばたきはじめあちこち振付がペレゴのとは異なるけれど(邪悪な振り付けにも二通りある由だから、そのせいかも)、手振りと脚付きがとても独特で、ツルかキツネの精が踊ってるみたいで、これまた非常に魅力的。
 
 それにしても、清楚で哀切な一方だとばかり思っていた『白鳥の湖』にも、こんな邪悪で、妖艶で、前衛的でさえあるダンスもあるんですね〜、面白いな…

|

2018年5月10日 (木)

凄いグラン・フェッテ

 人間じゃない^^;


 バレエ「白鳥の湖」から。これはオデット(白鳥)に恋するジークフリート王子を欺くため、オデットそっくりのオディール(黒鳥)が踊る場面のクライマックス。バレエでは、オデットとオディールは一人二役で踊る、もちろん花形中の花形。
 何が凄いかと言って、オディールはここで一本足だけで延々と回り続けます。もちろん、ただ回るのでなく、緩急をつけ、両腕で表情を示しつつ、笑顔をたたえながら…その回転数実に32回(私は数えてはいないけど、そう決まってる^^;)、技の名前はフェッテ、名づけてグランフェッテ・アン・トゥールナン。

 このグラン・フェッテは実に凄いので、各バレリーナごとにこれだけを集めたダイジェスト版の動画まであるくらいで、それを見るとまたいろんなタイプがあって実に面白いのだけど、私はこのジリアン・マーフィーという人のが一番気に入りました。というのが、ちゃんと音楽に合わせて腕と脚とを振り付けしてるのが素敵だから^^

(追記:ちゃんと音楽に合わせてる、とだけ喜んでいたけれど、実はフェッテにさらにピルエット―両腕を胸下で合わせてクルクル回転してるやつ―というのを組み合わせた殺人的難度の技であると後でわかった…それも、ダブル・ピルエットを入れるのさえ難儀をきわめるらしいのに、ここじゃトリプル×3…が、それよりすごいのは、それを少しも難しくなさそうに見せているところですな^^;)

 グラン・フェッテじたいそもそも人間離れした技だと思うけど、その上優雅に音楽に合わせて演じよというのが無理な注文というもので、それをやってのけてるというのは恐ろしい…誰かがどこかのコメントで「バレエは姿態の美以上に、物理学的計算だ」みたいなことを言っていたけど、その通り。いや、この演技中に、いくつの物理学の法則が実行され、証明され、あるいは無視されているのか、物理学者が見学してもいろいろと学べるんじゃないかと思う…

|

2018年3月13日 (火)

白蘋いろいろ

 漢詩なんかによく出てくる「白蘋(はくひん)」、そのまま考えれば「白い浮き草」だけど、浮き草の葉が白くてはたぶん枯れかけているのだろうから、きっと「浮き草の白い花」だろう。春か夏の川面に、小さな白い花が群れ咲いているのを想像すると、いかにも可憐で風流…そんな水草を育ててみたいなあと数年前から思っていました。

 調べてみると、白い花を咲かせる水草は、日本にも意外にたくさんある。ハスやスイレンは言うに及ばず、毎年夏になるとニュースになるバイカモ、ホームセンターでもよく売られているガガブタ、トチカガミ、それにふつうのキンギョモ(アナカリス/オオカナダモ)もかわいい小さな白い花を咲かせる(これらは厳密には浮き草じゃないけれど、昔の人はそれほど区別をつけなかったろう)。特に、アナカリスの花がいかにも可憐で気に入ったけれど、よほど強い光を当てないと咲かないらしいのと、花数が多くないのとが難点に見える…(日当たりのいい池や、大型のビオトープ容器を置ける庭があるなら別だけど)。

 そこで、ネットをあさって「クリスタータ」なる水草を注文したのが3年前。これは小型のスイレンのような形の葉に、大きめのかわいい真っ白な5,6弁の花を咲かせる、見るからに「白蘋」らしい花。で、楽しみに育てていたのだけど、これが咲いてみると、なんとクリスタータならぬ「ヒツジグサ」でした。店の人、間違えたな^^;

 ヒツジグサはとても小型の温帯スイレン、日本のあちこちにも自生している。小さいけど花はいかにも真っ白なスイレンで、これまた立派な「白蘋」…で、喜んでそのまま育てていました。

 この「白蘋」たちについて、ちょっと今までにわかったことをメモ。案外、育てやすそうでわからなかったり、ネット情報を寄せ集めないとハッキリしないものがあったりしたもので。

ヒツジグサについて

・ヒツジグサは、水面に氷が張るくらいの寒さでも大丈夫。今冬の寒さを、ベランダで何回も凍りながら(底の底までは凍ってないけど)今は新芽が出てきた…強いな。
・春先から室内のメダカ水槽で育てたら、よく茂ったけど花が咲かなかった…アサガオみたいな短日性なのかも(あるいは肥料のやり過ぎ?)。今年は肥料控えめで、6月までベランダで育ててから水槽に入れるつもり。
・水槽に入れるのは、ベランダじゃ日光不足で咲かないから。最初、全然咲かないからもう水槽の水草代わりにしようと投入したら、にわかにバンバン咲き出したのでビックリしたことが^^;(8月くらいだったかな。水槽には熱帯魚用の照明が夜以外ずっと点いている)。
・咲いた後、実ができて、はじけてタネがいっぱい水面に浮きます。自然発芽するかなとそのままにしておいたけど、出なかった…水槽の底面は他の水草が茂って暗いからか、ミナミヌマエビ(1cmくらい)が食べてしまったか…次はすくってちゃんと植えよう。

クリスタータについて

・この水草の正体がずっとわからなかったのだけど、どうやら「姫スイレン」「姫千鳥」と呼ばれているものと同一らしい。
・さらに「熱帯性ガガブタ」というといっそうハッキリする…決め手は、ガガブタ一族特有の、浮き葉から根塊(殖芽という由)を生じてそこから新たな株を増やすという習性。なるほど、「姫千鳥」の「ちぎり葉」が販売されるワケだ…(ガガブタは、浮き葉の付け根までがほんとは「茎」で、殖芽はここにできるそう。イチゴがランナーで殖えるようなものか)。
・もちろん、日本の一般のガガブタも、浮き葉(についた茎)で増えることができる。さらに面白いのは、熱帯魚用の水草としてよく売られている「バナナプラント」も、その一族だということ。
・だから、バナナプラント(殖芽がバナナに見えるわけ、別名ハナガガブタ)も、ちゃんと土に植わって花を咲かせれば、「姫千鳥」に似た白い5弁花を見せてくれるらしい。よし、今年植えてみよう^^

クリスタータ追記:

・「ヒメガガブタ」という呼称も。ただ、ネットで「姫千鳥」「ヒメガガブタ」「熱帯ガガブタ」などで画像検索すると、大体は同じような姿でありながら、花のサイズ、花つきのよさ、花弁の形などにけっこうバラつきが見られる。どうも複数の近似種が同名で呼ばれているのか、個体差が激しいのか、あるいは互いに交雑しているのか…

|

2018年2月14日 (水)

スキャナー購入

 手描きの線が取り込めるといいな〜と思い、スキャナーを購入しました。

 最初は、年賀状や名刺を摺れるプリンターとの複合機を買うつもりだったけど、年賀状は一年に一度、10枚程度だし、名刺は渡す人がほとんどいない…プリントする機会が来る前に、プリンターの中でインクが固まって使えなくなりそうだ^^;で、スキャナー単体購入に方針転換。複合機より単体のほうが性能もいくらかいいそうだし。

 問題はubuntuで使えるかどうか。いざとなればwindows7もあるけれど、できるだけ普段ユースのubuntuマシンで使いたいもの…リサーチしているうちに、キャノンのCanoScanLiDE210という機種を、何にもしないでそのままubuntu機につないで使えた、という情報を得たので、よしこれなら…とアマゾンへ。そこでのユーザーレビューを見るに、ちょうど私のubuntuと同じバージョンを使っている人が、やはりコードを挿すだけで何のことなく使えた、とレビューしているのを発見。他の人のレビューも見たけど、機械の性能自体もなかなかよいらしい(高画質の写真のフルスキャンとかしない限り)。そこで中古のCanoScanLiDE210―¥3800―を迷うことなく購入。

 で、今日届いたそれを、先人の情報に従ってXsane(ソフトウェアセンターからダウンロードできる)というウブンツのスキャナプログラムをあらかじめインストールしておいたマシンにつないでみた…と、何のためらいもなく、スキャナーがウイーンと始動^^Xsaneの使い方はまだよくわからないけど、適当に昔の絵をスキャンしてみたら、あっさりできた!

Rabbit

 スケッチブックをちぎった穴まで見事にスキャン^^(天地逆だけど)

 これをGIMPで調整して、
Rabbit1

 原物と遜色ない^^

 ただ、これをinkscapeでトレースしてベクター化すると、途方もなく重くなってしまう…まあ、それは予測通りだけど(マシンパワーの問題でもある)。一応こんな感じになりました(上の画像をコントラスト上げて、背景を白トビさせてから取り込みトレース)。
Rabbittrace

 遠目で見るならこれもアリかな…ちょっと大きくしたら、いろいろ気になる部分はあるのだけど。

 とにかく、線画の取り込みくらいなら、トレースしてベクター化しても編集はそこそこできると思う…そうあってほしい。もし、パワーのあるマシンを持っている人なら、上みたいな画像のベクター加工&編集も、スムーズにできるのかもね…

|

2018年1月20日 (土)

テンプレート苦労中

 アスクルが私のイラストを使って何だかカッコいいチラシを作っているのを見て、アスクルにできるのならイラスト作者たる私ならもっといいのが出来るはず!と我欲満々に作りはじめたテンプレート。が、パワーポイントを持っていないので、互換のフリーソフト・リブレオフィス”インプレス”でトライ。

 が、インプレスの画面を見ても、何をどうするのかさっぱり見当がつかない。もしくは、見当をつけたらそれが間違っていてうまくいかない…

 それでもネットをあさったりあちこち触ってみてややわかった結果をメモ(途中経過だけど)。

①原稿をタテにするには、メニューの書式→ページから
②背景を選択するのも、メニューの書式→ページから
③自作イラストを背景にしたいなら、書式→領域→ビットマップからインポート
④インポートする前に、イラストをあらかじめページサイズ(A4とか)に合わせておくと楽
⑤印刷を前提にするなら、イラストをあらかじめ300dpiでエクスポートしておくと楽
⑥さらに、CMYKカラーを意識してアレンジしておくとなおよいと思う

 インプレス自体の設定は、「スライド」でいいのかな。こいつをタテにして、レイアウトを右サイドから好きなのを選んで(レイアウトは横長の形のままだけど大丈夫)字を入れたりしたらいいみたい。レイアウトの字を入れる欄?は、自由にサイズや位置を変えられるから、そんなに難しく考えなくてもよさそうな気がする。字のサイズや揃えは、そのつどその場で変えられるみたいだし。

 インポートする画像は、私はネットの何かの記事を見て、PNGにしました。これならインクスケープから直接DPI調整して出力できるし。PNGだけど背景は透過せず白くして、A4にして、300dpiで出力して、インプレスにインポート。サイズは大きくなるけど単純なイラストなら大したことはないと思う。300dpiの成果は印刷して確認するつもりだったけど、PDFで出力してオリジナルdpiのPDFと比較してみたら、画質の差が歴然だったので、やはり300dpiで出力してインポートするほうが正しいのだろう…

 いちおう出来上がったら、パワポを持っている人に頼んでPDFにしてもらい、互換性を確かめてみるつもり。それと、実際にコピー機で印刷してみて、画像の仕上がりぶりも。

 問題なく仕上がれば、商品化だ!^^

|

2018年1月 9日 (火)

スマホのウイルス警告

 昨夜、スマホ(アンドロイド)でネットを見ていると、突然Googleのロゴ入りの「最近の危険なサイトの閲覧により、あなたのスマホが(4)のウイルスに感染しています!」みたいなページが開きました。仰天したけれど、しかし、危険なサイト―エロ動画だの海賊版ソフトのDLだの―なんぞ見た覚えはまったくない。グーグルのロゴはあるけれど、ほんとにグーグル関係者・チームからのメッセージなら、その名前がしっかり明記されていそうなものだけど、テキストの上には変なアルファベットの羅列があるだけ。ウイルスの名前も書いてないし、まして説明もない。そして、「危険を取り除くステップ」として「下のボタンをクリックしてウイルス削除アプリをダウンロードしましょう」、みたいなことが書いてある。

 何かいかがわしい、と思ってとりあえずタブを閉じ(ほんとにウイルス感染してるのだったら、それがハッキリしてから削除すればいいんだし)、あらためてPCを開いて検索してみると、これがやっぱり、迷惑宣伝ソフトの一種でした。1,2年前から猖獗を逞しくしているやつの数あるヴァージョンのうちのひとつで、その目的は、特定のアプリをユーザーにダウンロードさせ、それにより自分のお駄賃を稼ぐこと。情けないのは、これが「広告」であることで、「お得」「大安売り」の代わりに「DLしないと壊れるぞ」という脅迫を”宣伝文句”にして”広告”していること。もしDLさせるのが有料アプリだったり悪質なアプリだったり(実際は無料の、ふつうのアプリ)したら、間違いなく犯罪であるけれど、そうじゃないから放置されていると見える。うーん、ウソをついて脅かす時点で、すでに「脅迫罪」が成り立ちそうなもんだけど…「威力業務妨害」とか(仕事中にこのソフトに脅されて、DLや検索に時間を浪費させられた人は、当てはまりそうなもの)。

 このいやらしい宣伝ソフトは、togetterとか質問サイトとか大勢の人が交流するサイトからよく紛れ込んでくるらしい。私はOKウェブを直前に覗いてたから、そこからかな。

 なお、こやつがスマホの画面に現われたら、さっさとタブを閉じ(後に戻る、ではしつこく食らいついてくる例もある由)、いったんスマホの電源を切った後、ブラウザのセキュリティーからキャッシュやクッキー等を削除すればよいそう。私はそうしました。念のためアドブロック(広告ソフト遮断アプリ)も入れといた…。

 で、これについて調べているうちに気付いたのは、「スマホのウイルス」というけれど、実際は「ウイルス」ではなく「悪質アプリ」であるらしい、ということ。PCのウイルスというのは、当人も知らないうちに、他のソフトにくっついたり偽装したりして忍び込む、というイメージだけど、どうやらアンドロイドでは、仕様的にこれはできなくなっている模様。漠然とだけど、ubuntuみたいに、何かをインストールする時には必ずユーザーの許可を必要とする、みたいな感じかな?だから、スマホでは、悪質ソフトは最初からユーザーがインストールするアプリに化けているらしく見える。額面はバッテリー消費抑えますとかウイルス防ぎますとか謳っていて、事実は違うとか。だから、スマホの「ウイルス」は、ユーザーからユーザーへ自分をコピーして感染を広げていく、といったPCのウイルスとはだいぶ趣が違う。一方的にDLを押し付けてくる怪しげなアプリを拒んでいれば、かなり「スマホのウイルス」からは身を守れそう…

|

2018年1月 2日 (火)

あけましておめでとうございます

Dogshames

 本年もStudioAyutakaをよろしくお願いいたします!

|

2017年12月18日 (月)

戌年の無料年賀状テンプレート

Dogshames_3  無料の犬イラスト年賀状用テンプレ作りました!↑のような画像です(これは見本、印刷不向き。ウェブで使うのなら大丈夫)。再販売はダメよ〜

 下の画像を選択→自分のPCにセーブすればいいはず…大きすぎて端が切れてるけど、私のPCじゃちゃんと元画像を再現できた。

 JPGファイル、サイズ1181×1748ピクセル、印刷サイズ99.99×148mm(ハガキサイズ)、dpi300、カラーRGB。RGBだから、印刷するとちょっとくすんじゃうけど、それほどひどくないとは思う(未確認)…

 私はubuntuユーザーで、ウィンドウズじゃないから定かじゃないけど、セーブじゃなくコピー→画像ソフトの編集画面にペーストすると、DPIが72に下がっちゃうので注意(印刷に使えなくなる。ソフトで300に戻せば大丈夫)。いったんPCにセーブ→編集するなり印刷するなりするのがおすすめ。

 

Dogshame3_4

|

2017年12月 4日 (月)

zazzleで作った年賀状

 今年もzazzleザズルで年賀状を作りました(ちなみにこのデザインはPIXTAで売ってます、背景色は違うけど)。

Imgp7247

 年賀状といっても、アメリカのザズルにそんなものがあるわけもなく、だからこれはポストカードをカスタムメイドしたもの。サイズ(日本とサイズは異なる)は日本でもハガキとして十分投函できるものだけど、もちろん切手を貼らなくちゃならないし(ちなみに本場のザズル―日本向けでなく―では切手もデザインのカスタムができるらしい。アメリカいいな〜)、お年玉クジなどついているはずもない。その点少々残念だけど、何しろ少数(私は12枚)を、サイトの画面上だけで簡単に作って発注できる、というのが魅力。作りたいカードの縦横サイズに合わせたイメージを用意して、ザズルのサイトにそれをアップロードして、あとはカードにかさねたそれを調整するだけ。すべてが視覚的・直観的にやれるし、メッセージの記入(日本語でも)もできる。テンプレートのダウンロードだの、トンボがどうだの、.AIがどうだのといった面倒が一切ナシ!

 配達がアメリカからなんで時間がかかる(というより時間にバラつきがある)のと、配達希望日時が選べない&配達予定日がメールとかで知らされないのがネックで、しかも運送会社がUPSだから、3回不在が続くと、品物を持ち帰られてしまう…(再配達の依頼もこちらからはできない、全部UPSまかせ)もっとも、日本ではクロネコと提携しているので、配達をそちらに切り替えてもらうことはできる(過去の記事「zazzleで購入!」参照)。

 ちなみに、お値段は送料込みの1716円でした(セール中だったので2割引き、ザズルはけっこうセールも多い)、まあ半分近くが送料だけど^^;

|

より以前の記事一覧