馬術観戦

2017年10月16日 (月)

ちょっとハンスピーター&リカルド情報

 現在オランダのSUBTOP(よくわからないけど、オランダ馬術協会みたいな組織が主催する大きな競技会、ジュニア・クラスからGPクラスまで多彩)が行われていて、ハンスピーターや今春からグロック・チームに参加したステイブル・ライダーのリカルド・サナヴィオも登場しています。

 リカルドはダーク・プレジデントとのコンビでPSGとインター1フリースタイルを勝利!以前動画を見た時は平凡な動きだと思ったのだけれど、今回はいかにも軽く素早く、見るからにガル風。うーん、修行する場所で、人も馬もこんなに動きが違ってくるもんなんだな〜。

 ハンスピーターはザナルディでキュアを勝利(と言っても、SUBTOPは試合?がいっぱいあるらしく、PSGもインターもGPもひとつやふたつじゃないみたい)、なおドリームボーイとのコンビでのGP出場があるみたい。ちなみにこのドリームボーイ、数カ月前にグロックが半分の権利を買い取ってグロックス・ドリームボーイとなっています。ハンスピーターに乗鞍を確保するための由だから、フラートやジョンソンに次ぐ主戦になるかも。ドリームボーイは現在9歳でゾニックと同期、父はヴィヴァルディ、このヴィヴァルディは今をときめく人気スタリオンだけど、息子のドリームボーイもなかなか将来有望なスタリオン。グロックが半分の所有権を購入したのも、この点への期待があるんでしょうな。

(ヨーロッパのドレッサージュ界というのは、スポーツは3割であとの7割はマーケットという感じ。競技馬の作出と売買がメインで、競技会はまあ馬の広告のようなもの…人気スタリオンはだいたいGPレベルまで上がって能力が一応証明されると、ブリーディングメインになり、ほとんど競技には出場しなくなる。また、競技会で優秀な成績を挙げた馬は、つねに売り物…だいたい、名誉が欲しいお金持ちに買われるのが相場で、たいがいオリンピック目当てだが、スタリオンの場合はブリーディング用も兼ねてる場合が多いかな。)

 ところで、今回のSUBTOPのPSGは、来年1月のアムステルダムCDWへの選抜を兼ねている由。うーん、実は、ガル&トト・ジュニアのPSGデビューが、アムステルダムで新年早々見られるんじゃないかとひそかに期待してたんだけど、トトが現在6歳である以上、7歳以上が規定のPSGに今は出られない…つまり、選抜戦に出られない以上、アムステルダムも出られない。まあ準備は怠りないとは思うけど、次の3月のスヘルトーヘンボスあたりで見られるかな、ゾニックの時みたいに。

|

2017年10月13日 (金)

正統とアート

 10月もだいぶ深まって、そろそろドレッサージュのインドア・シーズンの幕開けも近い。ハンスピーターはこないだお久しぶりのザナルディ号と国内戦に出てたけど、ガルは今月18〜22日のへアニング(デンマーク)あたりからかな…ゾニックの仕上がりとオリジナル・キュアの披露があるかどうかが実に興味津々。

(心覚え:10/18~22 ヘアニング(デンマーク)、 12/12~18 オリンピア(ロンドン)、18/1/25~28 アムステルダム、 3/8~11 スヘルトーヘンボス(オランダ)、そして4/10~15 パリ<Wカップ・ファイナル>だろうとガルのスケジュールを予想。)

 ガルのキュア…私は、これをドレッサージュと考えるのはもうヤメた。新体操が体操と違うように、ガルのキュアは今までのキュアとはまったく違う。起源は同じオランダのアンキー・v・グルンズヴェンに発してるけど、それをさらに進化させたもので、特に音楽面での洗練度が凄い(これはガルのキュア曲のコンポーザーであるJoost Peters氏の賜物だけど)。極端な話、映像なしで音楽だけ聞いても、けっこう聞けるくらい…音楽のリズムに合わせて演技するという点はアンキー譲りだけど、楽曲のよさが段違いなので、馬術に興味がない人間をも惹きつけてしまう。つまり、ドレッサージュのカテゴリとしてのキュアの枠組みを逸脱して、別のものに、おそらくダンスに近い新たなものになりつつある。この新たなスポーツ、もしくはアートを演じているのは今までガルだけだったが、今春、彼のパートナーのハンスピーターもフラート号との新キュアでその一面を見せた。その演技は、ただちにその後のオランダ・チャンピオンシップでのガル&ゾニックのキュアに影響をあたえたように見える…今まで若干一本調子の気味があったガルの演技パターンが、ハンスピーターとの相互作用で変化を受けるなら、これほど先行き楽しみなものはない。

 ただし、「正統」なドレッサージュから見れば、ガルのアートは新しすぎて理解しがたいものだろうな…「正統」には楽曲のよさや音楽のリズムと演技の一致性などを評価する部分がない。それを評価するのは大衆だけ。思えば、あのトーティラスがああまで有名になったのも、それがイギリスという舞台でのことだったからという気がする。ロックンロールの本場の地…洗練された音楽とダンス的な演技が熱狂されないわけがない。トーティラスが何度も世界記録を塗り替えたのは、本国オランダでも、ドレッサージュ大国ドイツでもなく、むしろ当時はドレッサージュ後進国に近かったイギリスでの競技会においてであったことは注目してよい。

|

2017年9月13日 (水)

うわさ

 「エドワード・ガルがトーティラスに再騎乗した」といううわさが先日来ドイツで立っていて、―私がそれを知ったのは、グロックのFBのコメントにその記事のリンクを貼った人がいたからだけど―それについて何かニュースがあるかなとちょっと気を付けてたのだけど、すぐ忘れてしまっていた。というのも、そのとき記事を(自動翻訳で)ざっと見た限り、”ガルがスタリオンのトーティラスに会いに行った時、たまたま一度またがった”というに過ぎない感じの内容だったから。コンビ再結成とかなら大ニュースだが、それだけのことなら、なんてことはない…まあ、今さらわざわざドイツに「会いに」だけ行くというのは変だし、いかに昔のライダーとはいえ現在のきわめて高価なスタリオンにまたがらせてもらったというのもおかしいし、第一、オーナーのショッケモールがそんなお優しいことを言い出すはずもあるまいが…
 ところが、今日になってユーロ・ドレッサージュまでがトップ記事でこれについて掲げていた。が、うわさの記事の内容自体は、上に述べたものと大差ないみたい。ただ、ガルがトーティラスに乗ったという時期が「ずっと以前」になってた…これでは、トーティラスが現役の頃か引退してからか定かでない。
 もっとも、問題の記事にはそもそも誤りも多く、たとえばトーティラスが5,6歳時にヤング・ホースの世界選手権で優勝したと書いてあるそうだ。こんなことはちょっとネットで調べればすぐわかることなのに、ずいぶん浅はかな新聞社だと思わざるを得ない。ユーロ・ドレッサージュはこの記事の内容をフェイクニュースだと決めつけているが、それに違いなかろう。

 まあ、考えてみれば、真偽はどちらでもいいようなニュースではある。だって、現在もう引退しているトーティラスに、リングならぬスタリオン・センターで、ガルがためしに乗ってみた、というだけの内容だもの…そうしてもしなくても、どこにも誰にも何の影響もないニュース。私が忘れてたのも当たりまえ。

 それより感じるのは、7年前のこのペアを、今だに忘れがたなく思い続けている人がずいぶんいるのだなということ…こんな真偽が定かならぬ、しかもどうでもいい内容のニュースに、ここまで反応が出るという、むしろこちらの事実にこそ驚くべき。あくまで私が見る限りだけれど、このペアの後にも、90点超えをしたペアは3組もある。が、ドレッサージュ自体の人気はどうかというと、大きな大会の会場がキャンセルされることが一年に数回はあり、観客席も空席がよくあって、どんどん落ち目になってきてると映る。思うに、ワースやデュジャルダンの演技はその道の人にはどんなに見事でも、一般の人間にはほとんどそのよさがわからない。私にもわからない。すごく上手だなとは思うけど、それだけのことで、ずっと見ていると退屈になる。―それなら障害やクロスカントリーのほうが、ずっと見ていてスリリングで面白い。せっかく音楽に乗せて舞うキュアという演目があるのに、音楽がなくてもいいのではと思うような演技が多く、GPやGPSの延長でしかないと感じられる。つまり、今のドレッサージュやキュアというものは、一部の高尚なマニアにしか理解できないものになっている。どんどん大衆の人気が離れていくわけ。
 ガル&トーティラスがいまだに幽霊のように人の記憶にたちもどるというのも、このペアがまるでダンスのような演技をしたからで、しかも美しく、音楽もカッコよくて、忘れがたい印象を残したからである。美しさやカッコよさ、クールさというものは、あらゆる人間に理解されるから、だから彼らはあんなにも人気があったのだし、今も慕われているのだ。私も含め大衆はみんな、あんなダンスのような演技がもう一度見たいと思っている。

|

2017年8月24日 (木)

ヨーロッパ・チャンピオンシップ、ガル&ヴォイスは14位

 ヨーロッパ・チャンピオンシップのGP、ガル&ヴォイスは14位でした。

 演技は見てないけど、FBやオランダのインタビュー記事なんかから察するに、ミスがいろいろあったもよう、ちょうどオリンピックの時と同じで、チームとしてポイントを狙うために賭けに出て裏目に出た、みたいな感じかな?

 やっぱり国別対抗は面白くない…一つには政治的按配が採点に感じられるし、一つには個人の演技にチーム上の制約が課されてるような気がする。国別対抗とするほうが観客にウケがいいのだろうけど、やっぱり、個人としてのびのびと演技するのを見せてもらうほうがいいなあ〜

|

2017年8月22日 (火)

ヨーロッパ・チャンピオンシップ、ガル&ヴォイスは順調

 スウェーデンはイェーテボリ(ゴッテンブルグ)の新しいでっかいスタジアムで行われるヨーロッパ・チャンピオンシップ、オランダ・チームの一員として赴いたガル&ヴォイスのペアですが、グロックのFBを見る限り、最近になくガルの笑顔が多くて、どうやらヴォイスの調子はすこぶる順調の模様です^^ 
 

 そもそもイェーテボリは、毎年のようにガルが競技会に出場する(だいたい10月)おなじみの都市。お気に入りの町なんだろうな…

 ライブストリーム(クリップマイホース)は、残念ながらどうもドイツ内のみの配信らしい…後で有志の動画配信を楽しみにしましょう^^;

|

2017年8月18日 (金)

今度はアパッチ欠場、ヴァンダーミア&ジッポ出場へ

 現地時間の金曜日(つまり日本じゃ今夜から明日)にはスウェーデンの会場へ馬たちを輸送しなくてはならないという瀬戸際に、こんどはショルテンス&アパッチ号がヨーロッパ選手権を辞退という状況に相成ってしまいました。

 先日のハンスピーター&ジョンソン号の欠場(ジョンソンの蹄鉄外れによる蹄の負傷による)にともなって、補欠から繰り上がり出場となっていたショルテンスですが、つい昨日になってアパッチ号の負傷が明らかになって出場取りやめとなったとか…が、「回復には数週間かかる」とあるだけで、どこがどうなったとかは今のところ明らかじゃないので何だかアヤシクもある。勘ぐれば、アパッチは極度の輸送恐怖症らしいのだけれど、さらに非常に成功しているスタリオンでもあるから、オーナーが不慮の事故やスタリオンとしての声望を下げるようなトラブルを避けたがったんじゃないか…乗り役のショルテンス自体は出場に相当前向きに見えたんだけど。

 で、急遽彼らの代役に立てられたのが、パトリック・ヴァンダーミア&ジッポ号のペア。最近よくあちこちで頑張ってたペア。

|

2017年8月16日 (水)

ヨーロッパ選手権、ハンスピーター&ジョンソン欠場

 まもなく行われるドレッサージュのヨーロッパ選手権大会、オランダ・チームの一員だったハンスピーター&ジョンソン号の欠場が今朝のグロックのFBで報じられました。
 理由は、先週の夜、外れた蹄鉄のせいでジョンソンが足に傷を負ったこと。蹄鉄の釘か何かで足裏でも痛めたのかな…で、それが炎症を起こしてしまったので、昨日、欠場もやむなしとの決定を下したもよう。
 ヨーロッパ選手権には、代わりに補欠だったショルテンス&アパッチ号が出場します。アパッチ、スウェーデンまでの輸送をクリアできるかがまず問題だ…

|

2017年7月18日 (火)

ヨーロッパ・チャンピオンシップ、ガルはヴォイスで

 来月8月、スウェーデンはゴッテンブルグ(ヨーテボリ、私らの時はイェーテボリと習ったんだけど)で行われるドレッサージュのヨーロッパ・チャンピオンシップ、先日のオランダ・チャンピオンシップがチーム・オランダの選手選抜を兼ねてたんですが、注目されていたガルの乗り馬は、ヴォイス号と決まりました。
 オランダ・チャンピオンシップでヴォイスよりいい成績を上げたゾニックですが、やはりキャリアの浅さを考慮して、ガルが引っ込めたもよう…ユーロドレッサージュの記事にはガルの談話として「演技はうまくこなしたけど、まだまだ若くて不慣れなだけに、疲れちゃってる」みたいなことが載っていました…ほんとに、私もライブストリームで見てたけど、ゾニックの前に演技したジョンソンや後のセンニンと比べると、貫禄や雰囲気がまるで違うんですよ〜、場慣れした落ち着きというか、今から何をするかがよくわかってる感というかが。ゾニックだって落ち着いていたし、結果取った点数は彼らより上だったけど、彼ら先輩に比べるとまだまだ地に足が付き切っていない…まだ二回目のキュアで、しかも最初の時よりはるかに高難度だったから、たぶんどっと疲れが出たんでしょうな…この後は夏休みで、次は10月くらいから始動かな?
 というわけで、ECのオランダ・チームは、

ガル&ヴォイス
ハンスピーター&ジョンソン
ウィッテブリース&センニン
シルホート&フォアシーズンズ
補欠:ショルテンス&アパッチ

となりそう。

 なお、コーネリセンは乗り馬のアキエド号がチーム選抜戦に出られなかった(体調不良かな?)ので不在。シルホートの馬のフォアシーズンズ号は最近アーランド号(デンマークに売られた)の後釜に入った馬。で、このペアより選抜戦でいい成績を上げた(ペアとしてのキャリアもたぶんより長い)のに補欠に回されたショルテンスは、当然不満があるらしいけど、まあそれも当然だが、しかしアパッチ号ってえらく輸送に難のある馬…去年のリオで補欠にもならなかった(辞退したのかな?)のもそのせいだし、2年前はフランスの競技会に出るために輸送されたものの、興奮しすぎて結局そのままオランダにトンボ返りせざるを得なかったというし、今調べたら、ほんとにオランダ国外で競技会に出たことがない…。今回のゴッテンブルグも地図を見るとフランスの時と同じくらい遠いし、メンバー入り云々以前に、まず現地に到達できるかが問題でしょ^^;

|

2017年7月17日 (月)

オランダ・チャンピオンシップ、キュア結果速報

 オランダ・チャンピオンシップ、キュアの結果は、

1.ガル&ゾニック       82.525
2.ウィッテブリース&センニン 80.935
3.ハンスピーター&ジョンソン 80.865

でした。

 ジョンソンは、初めて聞くキュアの曲(ジョンソンのキュア自体、ほとんど見たことなかった)だったけど、明らかにジュースト・ピーターズ系。演技と曲調が例のごとく見事にマッチしてる。ちょっと荒々しいような、パワフルな勢いのある曲で、ジョンソンにぴったり…GPもそうだったけど、ジョンソン非常に力強く、気合い満々で、演技中にすっ飛んでいかないかハラハラしたくらい。でも移行にところどころ難があったように見えただけで、めでたく舞い納めた。終わりのところ、ピアッフェでハーフピルエット→伸長速歩→停止の流れがユニークでカッコ良かった。ハンスピーターはピアッフェと他の技の組み合わせをよく使うな〜、これ、ガルにも取り入れてほしい^^今日見たので一番気に入ったキュアでした。
 ゾニックは、今日はロマノフのキュア曲で登場…お祖父ちゃんの曲ですな。今回が二回目のキュアだけど、いきなり難度を上げてきた印象、前回と違ってピアッフェやパサージュを容赦なく入れてきたような。そのせいか、ゾニックも余裕がないというか、ちょっとアップアップというか、そんな感じに見えた…GPじゃそれほど感じなかったけど、こういうところにベテランの馬との違いが出るんだな。特にパサージュはGPの時以上にカクカクしていた、まあ点数には触らないんだろうけど。それでもハーフパスは素敵だった…何とか必死でこなした、という全体の印象だったけど、目立ったミスもなくやり遂げたのはさすが立派。たぶん、演技後はヘトヘトだったろうな^^;
 センニンは、移行?で大きなミスがあった…速歩か伸長速歩かパサージュか、どの指示か馬がわからないまま動き続けた、みたいな部分があった。ベテランには珍しい…と思ってたら、次のやっぱりベテランのショルテンス&アパッチも、ハーフパスで大きなミス。今日はそういう日だったのかな?

|

2017年7月15日 (土)

オランダ・チャンピオンシップGP結果

 ガル&ゾニックの演技を見てソソクサと布団に戻り、今やっと全体の成績を見ると、

1.ウィッテブリース&ツェンニン 77.820
2.ガル&ゾニック      77.500
3.ハンスピーター&ジョンソン 76.960
4.ガル&ヴォイス      74.300

でした。

 うーん、ゾニック、ワタシ的には、前回の演技と比べてぐっとよくなったとまでは思わなかったけどな…

 もっとも、ゾニックの番までライブ画像を眺めていてやっとわかりはじめたのだけど、ピアッフェとか移行とかって本当に難しいのね…ピアッフェ中に急にリズムが乱れたり、ピアッフェからパサージュに移る時足がピョンピョンして止まらなくなったり、あるいは歩いちゃったりとかするペアが結構あった。年季を経てる馬だってそう。そう思うと、わずか9歳でそんなことがないゾニックは(ガルも)偉い。動画でガルの演技ばっかり見ていた時には気付かなかったな…これからはせいぜい競技全体のライブも見るようにしなきゃ。

 ギュッと中身がつまって、触ると弾けそうな力に満ちていたトーティラスとは違って、ゾニックはスラリと伸びやか。動きが大きくて速い。だから、今のところは、パサージュやピアッフェみたいな収縮した動きはもの足りないけど、その代わりトロットは実に優美。いずれ作られるだろうオリジナルのキュアは、ぜひこの優雅さと大きさをアピールした、バレエのようなものになってほしいな…

 なお、この後、ガル&ヴォイスはGPスペシャルへ(現地時間の本日14:19、日本じゃ夜9時20分くらいか)、ハンスピーター&ジョンソンとガル&ゾニックはキュアへ(現地時間の日曜16:00と16:10、日本じゃ夜11時くらい)。時間がマシだから競技全部通して見られそう…clipmyhorseでスペシャルは今日夜8時から、キュアは明日夜9時15分から無料ライブ中継アリ。

|

より以前の記事一覧